読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kuruminnto’s diary

子育て&建売マイホームを暮らしやすく変えるのに奮闘中のワーママ 日々気になることを書いています

*家事をラクにする収納・おすすめ食器カゴ*

本の紹介ばかりですが・・・

最近読んだ本です。

「忙しい人のための家事をラクにする収納 梶ヶ谷陽子」

 

忙しい人のための家事をラクにする収納  子どもがいても、働いていても、ズボラでもできる
 

 

昨年10月に出版された著書、〈子供がいても、働いていても、ずぼらでもできる・・・〉との言葉が気になって購入しました。

 

収納には余白を作ることが重要で、

そのための方法を事細かに書かれています。

写真もたくさん載っているので、読みやすかったです。

 

〈やってみたいなと思ったこと〉

*缶詰は寝かせて収納

どうやら無印の引き出しがぴったりサイズ見たいです・・・!

立てて収納だと、何の缶詰だかさっぱりわからないので、これはご飯づくりやストック確認の時短に繋がりそうです。

 

*導線を考えた無駄のない収納場所選び

収納を考えるうえで、きっと一番大切なのは導線。

めんどくさい・・・となってしまうと、とりあえず置きが増え、部屋が散らかり・・・と負のスパイラルに陥ります。

導線は、成長とともに日々変わっていくもの。

導線を意識して、一定期間ごとに見直してみる必要がありそうです。

 

 

*肉は50g/人として小分けに収納

豚汁や焼きそばをよく作るのですが、そのほかの常備菜用にも小分けの冷凍のほうが無駄がですいいですよね!

解凍もしやすそうです。

 

その他にも、子供が自分で支度できる仕組みやおもちゃの収納についても、詳しく載ってます。

 

〈すでに取り入れていたこと〉

*お風呂のふたをなくす

お風呂は家族で続けて入るし、何より蓋の掃除が大変で、衛生面でも不安だったので、入居当時から使用していません。

リビングに隣接している我が家のお風呂。

乾燥している今の時期は、扉をあけ放ってお湯をためると、湿度がぐんぐんあがります。(小さなお子さんがいるおうちでは、知らぬ間におぼれないように、注意して下さいね(´・ω・`))

 

*干すとしまうを同じハンガーにする

以前も記事に書いた気がしますが、新居に引っ越してからは、洋服は基本的につるす収納にしています。

洗濯をたたむ時間が大幅にカットされました。

うちではハンガーは有名なMAWAハンガーを使用。

夫婦兼用です。

黒で揃えましたが、1年以上使ってみて、白にしたほうがホコリが目立たず良かったかなーと思っています。

形も、なんとなくこちらにしたのですが、

こちらのほうが皆さんよく使われているので気になります。

買ったほうも、型が崩れたりとかは気になりませんが。

洋服を引っ張って取ることはできませんが、洗濯を干すときに風で落ちないのが使いやすいです。

 

 

本書の中では、手入れが大変だから持たない主義として紹介されていた、台所の食器干しカゴ。

賃貸の家を何件か住んでいる中で、ニトリの水切りカゴを水切り台の上に置いて使用していたのですが、やっと「これいい!」と思う商品に出会いました。

栗原はるみさんのお店の商品

かなり大容量です!

必要に応じて大きさを変えられるのが便利なのと、ステンレス製で汚れが目立ちにくいです。

実際に見比べたわけではないので主観的ではありますが、他のベルメゾンディノスの同じ形状のものより目が細かいので、小さなお皿が落ちず、ストレスなく使えている気がします!

カラトリーはこちらに干しています。

やはり立てて干すのに比べ、乾きが遅い気はしますが、お弁当カップなど小さいものを干すときに重宝します。

 

栗原はるみさんのおみせ、便利グッツも多く、

見た目も落ち着いていて大好きです!

これで長芋をすってお好み焼きを作ったら、長芋の存在感が消えずとてもおいしかったです( *´艸`)

パッと見ただけでほしいものがたくさん・・・

(持っているものの何点かあります)

 

横浜にレストランもありますよねー!!

現状なかなかいけないですが、「ゆとりの空間」というネーミングも素敵です♪

www.yutori.co.jp

共働きの三種の神器に入る食洗器も、欲しいのですが・・・

こまごま洗うほうがうちに合っているかなと思ったのと、家事も教育の一つになるんだろうとのことで、現状では購入は見送り中です。